星音の湯

トップページ > 星音の湯トップ > 星音の湯 便り > 天気俚諺(てんきりげん)

星音の湯 便り

天気俚諺(てんきりげん)

2017年4月7日

昨晩は綺麗な「星空」でしたが、、、小雨が降ったり止んだり、晴れて暑くなったりと不安定な一日でした。

天気予報がなかった時代、人々は空の色や風向き、地形、動物の様子などから天気を予想し生活に役立てていました。

「月に笠がかかると雨」「夕焼けの次の日は晴れ」など、皆さんも耳にしたことがあるのではないでしょうか。
天気にまつわる、このようなことわざは【天気俚諺(てんきりげん)】と呼ばれています。
気象学の見地からは説明のつかないものがほとんどですが、現代に生きる私たちにとって参考になるものが少なくありません>>>

 

○スズメが朝早くからさえずる時は → ☀

○太鼓、お祭り、花火の音が遠くまで聞こえると → ☀

○トンボが低く飛ぶ時は → ☂

○ごはん粒がお茶碗からきれいにとれると → ☂

 

『そういえば・・・』と思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

秩父市の週間天気予報

 

2月の雪

3月の風

4月の雨 が 美しい5月をつくる

 

これも素敵な【天気俚諺】になります。

 

さてさて、前置きが長くなりましたが、、、今日は「長瀞町」の桜を見学に行ってきました。

 

↓ 法善寺の「しだれ桜」

 

DSCN5501 DSCN5491

 

DSCN5495 DSCN5496

 

↓ 桜のトンネル

 

DSCN5504 DSCN5509

 

今まさに見ごろを迎えました。

週末は、秩父・長瀞方面へ「お花見」にお出掛けになってみてはいかがでしょうか?

 

長瀞町観桜協会HP

秩父観光なび

 

■今日のお風呂は ↓

 

DSCN5387 DSCN5388

 

画像左側/男性露天風呂

画像右側/女性露天風呂

 

皆様のご来場、お待ちいたしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら 一番星、みぃつけた!お得な情報満載メルマガ配信中!
このページの先頭へ
星音の湯 スタッフブログ ご宿泊 スタッフブログ バイエル ブライダル ブログ レストラン空楽 碧海 UMI がじゃもんや