星音の湯

トップページ > 星音の湯トップ > 星音の湯 便り > 衛生管理とは?

星音の湯 便り

衛生管理とは?

2017年10月26日

今日は、浴槽水の「水質検査」を行いました。※自主検査

厚生労働省で定める「公衆浴場における水質基準等に関する指針」の中に ↓

連日使用型循環浴槽水は1年に2回以上(浴槽水の消毒が塩素消毒でない場合、1年に4回以上)水質検査を行い、

衛生管理が適切に行われているか確認すること。と記載されています。

専門の検査機関に依頼をして、自主的に行う大切な検査になります。

 

DSCN6575 DSCN6579

 

↑ (株)日本水処理技研の「町井さん」 ■日本水処理技研HP⇒http://www.nmg.co.jp/

浴槽の塩素濃度測定後、浴槽水を持ち帰る様子。(検査結果は2週間後に到着予定)

 

平成19年開業以来、日々の「衛生管理」が適切に行われているのか?

レジオネラ属菌・大腸菌群の検出は一度もありません。

 

では、衛生管理とは具体的にどの様な事を行うのか?

温浴施設の裏側/専門的な内容になりますがご紹介いたします ↓

 

DSCN6590 DSCN6591

 

上記画像は、ろ過器の手前に設置=注入(投入)しなければいけない『チャッキ弁』。※10月21日清掃済み

液体塩素のタンクから、自動的に一定量を24時間注入しています。※タイマー設定

 

『チャッキ弁』を分解すると ↓

 

DSCN6554

 

このような構造になっています。

 

「塩素」は、自動的に一定量を24時間注入だから大丈夫!?

これで安心してはいけません!

 

・塩素タンクの残量確認

・一日/3回 浴槽の塩素濃度確認

 

『普段通りの設定なのに、、、塩素濃度が低い。』

『塩素タンクの中の塩素が減らない。』

『チャッキ弁周辺から、塩素が漏れる。』

 

毎日、見て・聞いて・感じ取ることが【衛生管理】ではないでしょうか。。。

 

DSCN6557

 

↑ 『そろそろ、掃除のタイミングかな?』 と思い、分解して清掃を行いました。

作業記録を残しておけば、見えない所でも『そろそろのタイミング・・・』は当たるものです(^^)v

液体塩素が結晶となり、目詰まり寸前でした。 ※年/3回清掃

 

DSCN6592 DSCN6589 DSCN6588 DSCN6587

 

左から

1年経過で 交換する「モーター」

5年経過で 清掃をする「熱交換器」

1年経過で 清掃する「温度計」

5年経過で 交換する「電磁弁」

 

おかげ様で、機械トラブルによる臨時休業もありません。 記録更新中です!

 

 

 

■今日のお風呂は ↓

 

DSCN6563 DSCN6562

 

画像左側/男性露天風呂

画像右側/女性露天風呂

 

皆様のご来場、お待ちいたしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら 一番星、みぃつけた!お得な情報満載メルマガ配信中!
このページの先頭へ
星音の湯 スタッフブログ ご宿泊 スタッフブログ バイエル ブライダル ブログ レストラン空楽 碧海 UMI がじゃもんや