コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

お風呂

コンテンツタイトル下地

星の森(檜露天風呂)※お風呂は「星」と「月」が週代りで男女入れ替えとなります。

檜の優しい温もりと、露天風呂の開放感をお楽しみください

季節や歳時記にちなんだ、星音の湯自慢の檜風呂です。四季を感じながら、リラックスしていただけます。
まるで森に包まれた心地よさ。檜の芳香と暖かみが全身を包みます。
森林浴効果で、あなたの日常の疲れを癒します。

  • 檜
  • 檜風呂の特徴 フィトンチッド効果

    「フィトンチッド」とは、樹木が創りだす揮発性の微量のガスで、分りやすく言うと、森林の香りになります。 フィトンチッドには、リフレッシュ作用や疲労回復作用があると言われ、檜風呂からもフィトンチッド効果が期待できます。

星の舟(天然自家源泉 大浴場)※お風呂は「星」と「月」が週代りで男女入れ替えとなります。

泉質・浴用効果について

  • 聖光石
  • 聖光石の特性(サウナに使用)

    聖光石とは、地殻変動と火山マグマのエネルギーが産み出した世界的にも希少な鉱石です。ダイナミックな地球エネルギーが繰り広げる「神秘」に満ちた石です。

    【効果・効能】

    美肌・美容効果、アトピー性皮膚炎の改善、疲労回復、ストレス解消、自律神経失調症の改善、血液の循環を良くし、腰痛や肩こり、冷え性等の緩和、ダイエットなどに効くと言われています。 ※効能には個人差があります。

月の石(岩露天風呂)※お風呂は「星」と「月」が週代りで男女入れ替えとなります。

人気の広々とした岩露天風呂。

季節や歳時記にちなんだ、星音の湯自慢の岩風呂です。四季を感じながら、リラックスしていただけます。
自然の岩を大胆に配した岩風呂は、季節の移り変わりを肌で感じられます。
自然を眺めながら、日頃の疲れを癒してください。

月の波(天然自家源泉 大浴場)※お風呂は「星」と「月」が週代りで男女入れ替えとなります。

泉質・浴用効果について

  • 黄土石
  • 黄土石の特性

    黄土石とは、韓国の代表的な土で、古来より重宝されてきました。 ミネラル分が豊富で、近年岩盤浴やホットヨガスタジオでも使用されている自然鉱石です。 化粧品・パックなどにも使用されています。

    【効果・効能】

    赤外線とミネラルの恩恵。血液の循環を良くし、ダイエット効果・お肌に潤いを与え、ミネラル分が豊富なため、美容・健康に広く利用されています。※効能には個人差があります。

貸切露天風呂(専用個室)

  • 貸切露天風呂で、ほんのり夢気分。

    特別個室3室

    1週間前(朝9時)から電話予約可。専用の露天風呂も付いてほんのり夢気分。

    • 今宵・星月の間(6畳部屋)
      【2時間 3,000円、3時間 4,000円、4時間 5,000円】
    • 十六夜の間(8畳部屋)
      【2時間 4,000円、3時間 5,000円、4時間 6,000円】

    ※4時間以上ご利用の場合は、上記(基本料金)の他、1時間につき/+1,000円。
    【例:今宵・星月の間(6畳) 5時間 6,000円、6時間 7,000円】
    【例:十六夜の間(8畳) 5時間 7,000円、6時間 8,000円】

    ※個室料金は1部屋の料金となります。

    ※個室の露天風呂は温泉水を使用しておりません。

    ※貸切個室でのお食事注文も承ります。

    ※入館料別途

岩盤浴

  • マイナスイオンたっぷりの8種類の鉱石を使用した岩盤浴。
    男性・女性と時間で分かれており、ご来館後ご予約を受付いたします。

    25分/300円 岩盤浴着・タオル付き

    岩盤浴
    【効果・効能】

    肩こり・腰痛・神経痛・リュウマチ・ストレス解消に効果があるとされています。
    ※効能には個人差があります。

足湯

足湯に浸かりながら、井戸端会議はいかがですか?

足湯コーナーに敷き詰めております遠赤ボールは、体内の血行を良くする効果があります。

  • 遠赤ボール
  • 遠赤ボールの特性

    遠赤ボールとは、遠赤外線の放射率が高い鉱石を粉末状にし、それを元にセラミックボールに焼き固めた物です。マイナスイオンの放射率も高く、効率的に身体へ取り組む事ができます。

    【効果・効能】

    体の細胞を活性化し芯から体を温める効果があると言われています。遠赤外線を効率よく取り込む事で、血液の循環を円滑にし、体の冷えを改善すると言われています。※効能には個人差があります。

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る