コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

星音の湯「スタッフブログ」

コンテンツタイトル下地
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 2012年12月
    « 11月   1月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

この冬場「露天風呂」に潜む危険

2012年12月12日

今朝は今年一番の冷え込み(@_@;)

車の「温度計」は ↓

 6:25/気温-6℃

 

露天風呂もこの通り ↓

 営業中もこの状態・・・。 転倒事故にはお気を付け下さい!

 

浴槽に入っている「落ち葉」をすくう【虫取り網】 ↓

 

 

画像左側/濡れた状態の網を30回降ると >>> 画像右側/こんな感じになりました(-.-)

 

○これからが本題です ↓

先日のブログにも『露天風呂が凍結している為、お足下にはお気を付け下さい!』と、

ご案内させていただきましたが、本日は『この冬場、露天風呂に潜む危険』という名目で、

安全な入浴方法をご紹介させていただきます!

 

①入浴前には『入りたい!』気持ちを抑えて、軽い準備運動+水分補給を!

・寒いこの時期、身体は固くなっています。ストレッチ運動をする事をお勧めいたします。

また、入浴する事で汗をかき体内の水分が少なくなります。入浴前の水分補給は必ずしましょう!

冬場でも、体内の水分が少ないと脱水症状を引き起こし、症状がひどい場合は動脈硬化になることもあります。

 

②足から徐々に上へ

・頭の中では『寒いから、早くお風呂に入って温まりたい!』皆さん考えは同じだと思います!

心臓に負担をかけない入浴とは、心臓から一番遠い足から温度を慣らす事です。

急激な温度変化は、心臓に負担をかけます。また、足から慣らす事で急激な体温上昇(のぼせ)を防ぎます。

 

③長時間よりも分割湯へ

・長時間、首まで浸かると「湯あたり」を引き起こしやすくなります。②と同様に心臓への負担を少なくするため、

胸より下「半身浴」で5分程度、体を慣らして下さい。 さらに肩まで3~5分。 ※個人差があります。

ご自宅の入浴時間を目安にして下さい。それ以上に入浴をする場合は、一度休憩をしてから再度入浴。

ゆっくり入り、ゆっくり出ることで「湯あたり」を防ぎ、急激な血圧上昇も防げます!

 

※急激な温度の変動が身体へ負担をかけるため『冬場の入浴は危険』と言われます!

皆さんも安全な入浴を心がけて下さい!

 

○今朝の「露天風呂」と「足湯」 ↓ 7:00撮影/気温-4℃

   

 

明日(13日)は休館日になります。

休館日は、普段手の届かない場所を徹底的に清掃・機器のメンテナンス・補修を行います。

それと「吉田分署」職員の方にご指導をいただきながら【救急救命講習】を行います。

 

お客様からいただく貴重な一日。 大切に使わせていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る