コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

星音の湯「スタッフブログ」

コンテンツタイトル下地
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 2014年7月
    « 6月   8月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

どんな音?

2014年7月14日

皆さん夏と言えば、どんな音を思い出しますか?

「波の音」「花火の音」「虫の音」「風鈴の音」、高校野球の「応援の音」や、御祇園の「太鼓の音」。

帰省した時の「祖父母の声」など・・・。 夏は、色々な「音」が頭の中を流れます>>>

因みに、私は「夏の音」と言えば、一番最初に流れるのは「セミの鳴き声」です。

透き通った「青空」に、強い日差しで肌が『ジリジリ』する、そんな感じで聞く「音」です!

 

8:00/駐車場の「ゴミ拾い」をしていると、昨日までは気が付かなかった「セミ」が鳴き声が!?

この暑さを、さらに倍増させる「サウンド」。そろそろ梅雨明けも発表になることでしょうね(^_^;)

 

IMG_9569  IMG_9566

 

皆さん、「セミ」一生が短いことは皆さんご存知かと思います。

「セミ」は7年間も土の中で暮らし、外に出たと思ったら全力で鳴き、そして1週間でその生涯を終えるという凄まじい生きかたをします(汗)

なぜ、セミは1週間で死んでしまうのか?

 

それでは計算します↓

セミの一生が7年と1週間とすると、平均寿命から考えて人間でいうなら約70歳以上まで土の中で寝ていることになります。

その起きたてホヤホヤなところで、「全力で大声」を出すのです。。。

では、どれくらいの大声かというと ↓

セミの体長が5㎝、人間の身長が170㎝とすると人間はセミの約34倍のスケールになります。

そのセミの鳴き声は、約300m届くとして、人間に換算すると 300m×34倍=10,200m=約10㎞

簡単にまとめると↓

生まれてからずっと布団で70年間、寝ていた人間が真夏に突然目を覚まして炎天下の中、約10㎞先まで聞こえる大声で歌い続ける。

だから地上では長生きできないのか? 人間が真似をすれば1日で倒れてしまうでしょう(汗)

 

良く考えれば小さい体で約1週間、休むことなく大声で歌い続ける「セミ」は体力があります(^_^;)

「セミ」に負けないよう、私も頑張らなければ。。。(汗)

 

長文になりましたが(>_<)

おかげ様で「星の音演奏会」は昨日で終了いたしました。

お客様をはじめ、演奏者の皆さん有難うございました!

■昨日の様子 ↓ ※バイオリン:守屋 真琴さん、ギター:杉本 歩さん

 

IMG_4066 IMG_4067 IMG_4070

 

天気予報では午後から雨の予報でしたが(涙) 15:00~と18:30~2回共に「中庭」で行うことができました。

最後までご清聴有難うございました。

 

○今日のお風呂は ↓

 

IMG_4072 IMG_4074

 

画像左側/男性露天風呂

画像右側/女性露天風呂

 

IMG_4076

 

皆様のご来場、お待ちいたしております。

 

 

 

 

 

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る