コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

星音の湯「スタッフブログ」

コンテンツタイトル下地
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

秩父夜祭

2018年12月3日

朝から雨が降ったり止んだり☂はっきりしない天気☁ 今日は「秩父夜祭」なんですけど、、、。
秩父市の週間天気予報 年に一度のことですから、なんとか降らずに終わってもらうたいものです。

〇秩父夜祭とは ↓

秩父の総社、秩父神社の例大祭になります。京都の「祇園祭」。飛騨の「高山祭」とともに【日本三大曳山祭り】に数えられ、毎年、12月2・3日に行なわれています。

祭礼当日は絢爛豪華な2台の笠鉾と4台の屋台が曳行されます。 クライマックスは3日の夜で、最大20tもある屋台・笠鉾を御旅所への急な坂道(団子坂)を引き上げる様子は大迫力です。※有料の観覧席(桟敷席)が必要です。

この祭りは江戸中期、秩父神社に立った絹織物の市「絹大市」(きぬのたかまち)の経済的な発展と共に、盛大に行われるようになり、その後日本を代表する祭りとして知られるようになりました。

同じ秩父市でも「星音の湯」のある吉田地区は普段と変わらず落ち着いています。
お祭り見学後、お時間に余裕があるようしたらお立ち寄り下さいませ♨

午前中、ちょっと秩父市内の銀行へ>>>
私(支配人:小亀)は、前職『営業マン』でしたから、裏道、全てが頭に入っています(^^)/ 
〇〇銀行で入金を済ませ、歩いて〇〇銀行へ>>>
秩父神社の方から、軽快な太鼓の音が聞こえます♪

   

   

宮地屋台が【ギリ廻し】をして、秩父神社へ入っていくところでした。秩父神社の境内では ↓

   

下郷屋台が神社を出るところです。
祭り関係者『綱を引き始めると、しばらく動けなくなりまーす!』との事で、逃げるようにして移動>>>

人通りの少ない道を選び、馬場町の裏通りへ ↓

   

秩父銘仙の販売・レンタルを行っているお店を発見! 
絹織物の市「絹大市」を再現しているようです。

21:00/妻・娘二人を迎えに行く予定。。。

つづく

■今日のお風呂は ↓

 

檜風呂/男性露天風呂 岩風呂/女性露天風呂 皆様のご来場、お待ちいたしております。


コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る